応量器が届きました

「坊さんであること」を考えるとき、外見や内面から見ていくやり方もありますが、「坊さんだから、これを持っている」という見方もあります。
曹洞宗では、それは得度のときに師匠から授かる法衣であり、袈裟であり、血脈であります。
そしてもうひとつ。それは「応量器(おうりょうき)」という食器です。

このたび、ムスコズが得度を受けるにあたり、ネットでお世話になっている漆職人kotaさまより応量器を購入しました。
大本山永平寺に卸しておられるという実績ももちろんですが、応量器で使う箸に平たい形を採用されていることが目を惹いたのです。
応量器を使っての食事作法では、箸を器の上にのせたりすることがあります。
そのとき、断面が正方形ではすべって落ちやすいのです。そのため、平たい箸が使われてきたようです。
30年以上前に私が得度を受けたとき、授かった応量器にも、平たい箸がついていました。それは師匠に縁のある方が使っておられたものらしく、当時でも使い古され感がありましたが、新品と比べるとなんとも味わいのある控えめで上品なツヤを持っていました。
永平寺にいたときも、古参和尚さんから「これはいいものだから、大事に使えよ」とも言われた自慢の(?)一品でもあったのです。(ただ、箸はすでにダメになってて、私は四角いものを使っていました・・)
そんな思い入れがあるものですから、kotaさんのところを拝見したとき「この人はよく知ってるなぁ」と驚き、いつかムスコズが得度したらここのを使わせてもらおう、、と思っていたのです。

そして届けられたお品を見てびっくり。ピカピカしすぎてかえって品がなく見えてしまう、最近の応量器を見慣れていた目には、これが漆器というものなのか、、との驚きだったのでしょうか。ムスコズに使わせるにはもったいない。応量器を見てこんなに感激したのは初めてです(笑)


とりあえず広げてみました。私の写真では、とてもその品の良さをお伝えできませんが、その雰囲気だけでも。
中央のいちばん大きな器を「頭鉢(ずはつ)」といい、ご飯やおかゆを入れます。頭鉢はお釈迦さまの頭蓋骨をかたどったと言われ、口を直接つけることは許されません。
だから、さじがあるのですね。さじは頭鉢から食べるとき専用です。


応量器は6枚からなっています。いちばん小さいものを底に敷いてその上に頭鉢をのせ、中に残り4枚を入れます。
上にのっているのは「鉢単(はったん)」といって、広げて器の下に敷くものです。(これは私が永平寺で使っていたものです)


広げてみました。


箸とさじには、専用の袋があります。この箸とさじも、すごく繊細な作りです・・。


重ねた応量器をふくさで包み、上に膝掛けの布と箸袋をのせています。


「水板(みずいた)」というものです。これもkotaさんの品です。


水板の上に布巾を広げ、外側のふくさでしばります。下から捧げ持ち、運びます。

応量器を使っての作法は複雑でなかなか覚えられません。まるで茶道のお手前のようです。新米の坊さんが道場に入ったとき、いちばん苦労するのは、この応量器の扱いだと思います。
でも、覚えてしまうとムダが全くなく、もうこれしかない動きになります。食事作法をうるさく言うのは、もちろん、食事をいただけることへの感謝の意にほかなりません。
私も、今のふだんの生活で応量器を使うことはありませんが、手にするといろんな感情がわき上がります。坊さんとしてのアイデンティティにかかわるものだからかな。あ、ちょっとマジメな記事になっちゃったね、、スミマセン。。

(今記事は2009年5月27日に書いた文を、再投稿したものです。なお、この続編として「鉢単が届きました」を公開しています。こちらです。)

鉢単が届きました

ちょうど4年前、ムスコズが得度を受ける(坊さんの仲間入りをする儀式)にあたって、曹洞宗僧侶の必須持ちものである「応量器(おうりょうき-食器)」を購入しました。以前よりネット上でお世話になっており、偶然にも大本山永平寺にも卸しておられる、漆職人kotaさんのお店です。

そして、この度さらに「鉢単(はったん)」なる品が届きました。

これは、応量器を使って食事をする際に、器の下に敷くものです。
応量器は6つの食器が入れ子になってコンパクトに収納されるもので、鉢単は、折りたたんで応量器の上にのせてしまうのです。ですので頻繁に折りたたみされるため、折り目がすぐに傷んで切れてしまいがちです。
kotaさんも、かなり試行錯誤されたようですね。しかし、先に頂いた応量器にふさわしい鉢単でした。


黒革の財布ではありません。
和紙と漆でできた、これが鉢単なるものです。


こうやって広げて使います。


以前にお世話になった応量器。


鉢単の上に並べてみます。

応量器が届いたときの記事がこちらです。ムスコズにずっと使っていってもらいたいわけですが、良いものを使う縁に感謝をして所持していって欲しいトコロです。私も深く感謝しております。

(今記事は2013年3月28日に書いた文を、再投稿したものです)

舞妓はレディ

ひさびさに映画館で映画観ました。『マイ・フェアレディ』をパロったコメディミュージカル『舞妓はレディ』です。周防組満載です。
豪華で芸達者な出演者に混じって、青森からやって来て舞妓を目指す主人公は朴訥な一生懸命さをよく出し、デフォルメされた京都を堪能できると思います。長谷川博己扮する京言葉の先生も、なんともB級っぽくて楽しめます。
おおきに、すんまへん、よろしゅうおたのもうします、こない、そない、あない、どない、へえ、そうどすか、わからしまへん、、京都の私が言うのもナンですが(笑)、京都っておもしろおすなあ。

そして、あらためて深く感じ入ったのは、女将さんを演じる富司純子さんの凄みですね。徹底して優しい役なのに、甘さがない。
俳優さんを褒めるのに「演技している感じがしない」と言うことを耳にしたことがありますが、なるほど、こういうことなのか、、と思いました。はまり役とは言えるのでしょう。本当に、芝居していると思えない。私がここであらためて言うようなことでもありませんけれど、富司純子恐るべし。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Rick Wakeman in サンケイホールブリーゼ

重厚なジョン・ロード、多彩なキース・エマーソン、そして華麗なリック・ウェイクマンでしょうか。なんとグランドピアノだけのソロコンサートに行ってきました。
ピアノだけでずっとやるって、、正直どんなモノかな、、と半分期待、半分心配で行ってきたのですが、いやはや、素晴らしかったですよ(笑)

楽器のプレイもきっと年令とともに衰えが来たりするんじゃないか、と思うのですけれど、あまり彼には関係ないのかな。力強いアルペジオをこれでもかと繰り出し、まったく飽きさせない2時間のステージでした。
ソロの曲、イエスの曲、ABWHの曲、他のミュージシャン、たとえばボウイやキャット・スティーブンス作品で共演した曲など、さまざまな作品で楽しませてくれました。
イエス曲だと、「同志」と「不思議なお話しを」を演奏しました。イエスだとバンドの迫力が前面に出ますけれど、ソロだと、あらためてイエス曲の美しいメロディがよくわかりますね。惚れ直します。

1曲ごとに、ていねいなMCが入ります。ゆっくりした英語なので、なんとなく私でもわかりました。クリス・スクワイアと同じような巨体でのっしのっしと歩き、笑顔を絶やさずにいてくれたウェイクマン。すばらしいよ。また来て欲しいよ。イエス復帰はぜったいないだろうから、次はオーケストラとの共演か、ジョン・アンダーソンとのデュオかどちらかで頼むよ。

あっという間に

もう6月も終わりですね・・。こちらではご無沙汰しております。

梅雨に入ってしばらく、蒸し暑い毎日ではありますが、私の住んでいるところではほとんど雨がありません。昨日、瞬間的に強い降りがありましたけれど、、まあ、それくらいなものです。
今月半ばには、高熱を出して久々ダウンしておりました。シゴトもいくつか穴を開けてしまいました。トシのせいなのでしょうか。溜まった疲れのようなものが、一気に出てしまうのでしょうか。

しかし体調は一週間ほどでもどり、晴れて今日は、リック・ウェイクマンのライヴに行けることになりました。
エマーソンと並んで、往年のプログレ界の、スターキーボードプレイヤーですね。なんと、ピアノだけの公演だそうで。どんな感じになるのか、ドキドキしつつ行ってきます。ではまた。

BBCに出演したときの録画なのでしょうか? こういう感じなのかな?

皐月雑話2014


五月も半ば過ぎ、いよいよ初夏ですね。暑さを実感するようになってきました。

ムスコズの高校生活もなんとか順調に進んでいるようです。明日からは中間試験。8教科が4日間にわたってテストされます。
中学の水泳部は試験前も関係なくブカツしてましたが、今の部はちゃんと試験前休みが。ちなみに1号がホッケー部、2号がバドミントン部です。
今日は日曜で、机に向かって遊びつつも試験勉強などしているのですが、とつぜん禁断症状が出たのか、1号が「ホッケーやりてー」と言ってスティックとボールを取りだし外に向かってしまいました。
続いてラケットを手にした2号も。しばらく2人でバドしていたみたいです(笑)

そんなこんなで過ごしています。ワタシもここ半月ほど身心の調子が思わしくなく、意識して強制的に休んだりしておりました。なんか、疲れているのが日常になっちゃって、、イカンなあ。
とりあえずドナルド・フェイゲンでも聴いて、労ることにいたしやす。。

ギーガー氏死す

去る5月12日、スイスの芸術家であるH・R・ギーガー氏が、74歳で亡くなりました。
ギーガー、、と言われて、けっこうピンと来られるのでしょうか。「エイリアン」をデザインした人です。
リドリー・スコット監督のエイリアン、名作ですよね。私が中学のころに公開されたのかなあ。初めて見たのは、たぶん中3でテレビ放映された時です。例の有名なシーンは怖くて見られませんでした(笑)

 
そしてギーガー氏と言えば、私にとりましてはコレを外すことはできません。

B00FAC2GKA Brain Salad Surgery
Lake & Palmer Emerson
Sony Music CMG 2014-06-02

by G-Tools

エマーソン・レイク&パーマーという、昔のイギリスのバンドの、その名も「恐怖の頭脳改革」というアルバムです。そうです、ジャケのデザインがギーガー氏です。

エマーソン・・は、シンセサイザーという楽器に興味を持っていた私が、その楽器つながりで初めて触れた、プログレというロックのジャンルのバンドです。そして「恐怖の・・」は、私が初めて買ったそのバンドのアルバムでした。
彼らの5枚目ですね。円熟期にある、人によっては最高傑作とも評価されるようです(個人的には、もっと初期の荒削りな方が好きです)。

では、冒頭の曲でもって、ギーガー氏のご冥福を祈りたく思います。

もとは聖歌なのですね。この曲については、歌詞もふくめてこちらに詳しく解説されています。

皐月入りました


5月に入りました。しかし天候はまだ不安定な感じですね。今日も肌寒いです。
一青窈さんの歌の影響か、ハナミズキは5月のイメージを持ってしまっています。実際には4月に満開を迎え、今は少しピークを過ぎてきた趣です。みなさま連休のはざまをいかがお過ごしでしょうか。冷えないようにもお気をつけ下さい・・。

じゃあその歌、、じゃなくて(なんでや)、Beginでも聴いて寝るか。これは聴く人を選ばんよね。

さてさてGW


ゴールデンウィーク入った途端のしとしと雨で、お出かけ予定をされている方々にはお気の毒です。雨降りはきらいではない私ではありますが、それも家の中でまったりしている場合です。天候いまひとつな中、みなさまにとりまして、グッドなお休み週間でありますようにとお祈り申し上げます。

写真は京都市中心部、五条富小路を少し下がったところから望む京都タワーです。比較的古い街並みです。
はや4月も終わり。ムスコズもぼちぼちと通っています。まだブカツも正式入部ではなく、なんだかのんびりした具合ですが。

じゃあジェネシスでも聴いて寝るか。しかし聴く人を選ぶな・・。

ハルカス行ってきました


商業ビルとしては日本一。東京タワーに迫る高さを誇る「あべのハルカス」に行ってきました。
60階展望台、高かったです。併設の美術館で開催されていた東大寺展もすばらしかったです。写真は通天閣方面、低く見えますな。

ゴールデンウィークを前にして、やっと暖かさが安定してきましたね。今日の大阪もいいお天気で、かなり遠くまで見えたと思います。
ムスコズも入学して半月あまり。ブカツの体験もそれぞれ進み、そのうち正式入部となるとは思います。ところが2号は今日、帰宅して早々にダウン。8度を超える熱で塾も休みました。溜まった疲れが出たのでしょうか。幸いにも明日明後日はお休みです。その2日で体も癒せれば。。

じゃあ北野広大先生でも聴いて寝るか。。