戦地で起きること

ちょうど昼食をいただいているときに、TVで麻生首相のスピーチが流れていました。
今日は、太平洋戦争時、沖縄本島での地上戦で亡くなられた方々の「慰霊の日」であったのですね。(ご参照 → このあたり
沖縄戦に関連しては、「住民集団自決」に日本軍の命令があったとかなかったとか、いろいろ論議になっているようですね。閉鎖された極限の状態では、どんな事が起こるのか、平時ではなかなか想像もつきません。
 
時代は現代に下り、イランの大統領選挙結果を巡って、内戦に近い混乱状態が伝えられています。
イラン当局はかなりの報道管制を行っているようですが、市民による規制をかいくぐっての情報がネットを通じて世界に流れています。銃撃を受けて死亡した女性の映像は、衝撃をもって受け止められているようですね。(ご参照 → このあたり
 
いずれも、亡くなった方々のご冥福をあらためて祈るとともに、戦争のない世の中であってほしいと願ってやみませぬ。。