日本は残念ベスト8ならず


毎日蒸し暑い日が続きます。みなさんもどうか、お気をつけてお過ごしください。
今日は「水無月」をいただく日ですね。甘党で、もちもちっとした食感の好きな私には最強の和菓子です。小豆が魔除けを、三角の形が氷を模していて暑気払いになるそうです。
さてさて、今日は寝不足の方もかなりいらっしゃるでしょうか。
私もそうです(笑)
しかも、盆法要もあと1週間とせまり、なんだか気ぜわしいのに記事書いたりしてます・・。
サッカー日本代表は、大会前の低い評価を一気に覆し、ベスト16という、おそらく実力からすれば順当以上の成績を残したのではないかと思います。
昨夜も見ていて時間が経つのが速いー。PKで決着がつくのはアンフェアなのだという見方があるにせよ、個人的にはPKで負けていちばんあきらめがつきました。
駒野選手はずーっと言われるのだろうね。終わって駒野以上に泣いていた松井を見てもぐっと来るものあるし、あとで報道写真で見た、パラグアイの18番の選手が駒野に駆け寄って声をかけたり、岡田監督が抱きしめたりとか、、選ばれてその場にいて、力を出したものだけが味わえる感情なのだろうな、、と思いました。
今朝のTV番組で「日本代表に満足したか」というアンケートとっていたみたいですが、満足したなんて答えるの、かえって失礼なんじゃないか、なんて思った今日でした。

USJなり

100628_1443~010001.jpg

梅雨の猛暑の中勤労されている方スミマセン。
昨日が小学校の日曜参観で、今日は代休。超久々に来ました。

ET後のスペースファンタジー・ザ・ライドは、回転する屋内ジェットコースター。写真のハリウッドドリーム・ザ・ライドは、落ちるときお尻が浮く~(笑)
私はどちらも初めて。絶叫系はいまいち苦手なのですが、ライド大好きなムスコズは嬉々として行くので・・。

しかし今日も蒸し暑いです。みなさん夏バテされないよう、水分に留意してくださいね。

宗派で違う食事の唱えごと


昨日いただいた「阿じろ」さんの箸袋には、食事前の唱えごとが印刷されてありました。
これは「五観の偈(ごかんのげ)」と言って、禅宗では定番のものです。ふつうの方でも、たとえば大本山永平寺や總持寺の中で食事をなさったら、これをお唱えされる機会があります。
で、これはおそらく臨済宗の唱え方だと思うのですが、じつは曹洞宗と少しばかり違うのですよね。
「五観」ですので、五つの誓いがあるのですが、1と2と4はいっしょ。3と5が違いますね。って言っても、漢文の読み下しの違い程度なもので、意味自体は変わらないと思います。
 
中で興味深いのは3つめの違いです。
写真のものでは
「心を防ぎ、過貪等を離るるを宗とす」(しんのふせぎ、とがとんとうをはなるるをしゅうとす)
ですが、私たち曹洞宗では
「心を防ぎ、過を離るることは貪等を宗とす」(しんのふせぎ、とがをはなるることはとんとうをしゅうとす)
と読んでいます。
意味としてはどちらも、食事をするときには、邪な心や誤った行いを離れるために、貪りの心を起こさないようにしなければならない、、といったところでしょうか。
そこからすると、曹洞宗の読み方より、臨済宗の読み方のほうが、意味として通りやすいような気も。
 
いやいや、私ちゃんと判ってないだけかもしれませんが(笑)
こういう微妙な宗派の違いってホントおもしろいな、、と思ったできごとでした。
ちなみにこの「五観の偈」 曹洞宗だと道元禅師の著である『赴粥飯法(ふしゅくはんぽう)』という食事作法の書物にあるのですが、臨済宗だとどうなのかな。もっと言うと、それ以前のオリジナルがあるのかな。。

それにしても本田は

絵になるオトコだなぁ・・。
もはや誰でも知ってるサッカー選手となりましたね。
岡田監督がたしか、本田の出現は中田の出現に匹敵する・・的なコメントされてたと聞きましたが、、いや、ほんとうにそうなのだろうな、、と思いました。(ちなみにうちでは、「金髪ケイP」と呼ばれています・・)
その岡田監督、ツイッターでも「岡田監督に謝罪するタグ」とか、2chでも「岡田監督に謝罪するスレ」とか出てるみたい(笑)
つくづく運の強い人だなと思います。しかしながら勝負の世界では、運は完全に実力のうちと言えるでしょう。
決勝トーナメント進出をみごと決めた日本代表チームにお祝いを、目標のベスト4に向かって、さらに躍進していきますように応援しまっす。
とりあえずカメルーン戦のヤツを。すぐ削除されちゃうかな・・?

Legsで決めろ!

ワールドカップのグループリーグも進み、チームの明暗も分かれてきていますね。
フランスやイングランドなど、突破確実と思われる強豪が苦戦したりして、なかなかうまくはいかないのだなぁ、、とあらためて思います。とくにアジア勢はいまひとつでしょうか。日本と韓国もボーダー線上。できればどちらも決勝進んで欲しいところです。
 
サッカーは手が使えないスポーツ。その縛りが、かえって人を興奮させるのでしょうね。
では、その状態でミラクルを起こす「Legs(FootもLegの一部ということで・・)」に捧げます~♪

日本じゃMr.マリックのテーマとして有名ですね。
それにしてもアート・オヴ・ノイズは大音量が似合うな。

仏前結婚式です


後輩の坊さんの式に来ています。
一般にはすこし珍しいかと思いますが、何かしら祈りの対象となるものに、結婚のご報告とお二人の誓いを申し上げるところでは、教会でも神社でも変わりません。
今日はかなりの雨に降られました。しかし末長く幸せに、お互いに潤いをもたらしあう関係でありますように!
ちなみに私は式師という大役をいただきました。VIPです(笑)
式中の示訓と披露宴での主賓挨拶・・。ひさびさに超緊張しました。
でも、、マイクをぎゅっと手に持つと、とりあえず落ち着けるのですよね・・。

タグラグビー2勝2敗

100619_1533~010001.jpg
6年生になって最初の大会。ふたりは共にAチームで出場です。
まずは4チームでの予選リーグ戦。上位2チームが決勝トーナメントに残れるのは、サッカーWCといっしょですね。
じつは学校による実力差がけっこうあったりして、うちは弱いのですよねー。
ところが今回は予選で2連勝。2勝1敗の2位で、決勝進出してしまいました!
私は昼過ぎ到着。ちょうどトーナメント1回戦の最中でした。しかし相手が強豪校で、7対4で惜敗。見てても動きが違うのよね、うちの子たちとは(笑)
それでも以前なら、10対2で負けていたでしょう。進歩したなー。
写真は閉会式。32チーム中ベスト16、得失点差によって13位で終わりました。
日本代表もオランダに勝っちゃって、早々に決勝進出しないかなー。

六月にRain

坂本龍一氏が進行するNHK教育の「スコラ」ですが、もちろんみなさんご覧になってますよね(笑)
現在は「ドラムズ&ベース編」ということで、ピーター・バラカン氏とともに、高橋氏や細野氏がゲスト出演されています。
いや、やはり聞いていてとてもおもしろいです。高橋氏が「自分にとってドラマーを一人選ぶなら?」と聞かれて「リンゴ」と答えてましたが、なるほどなーと思いましたね。
リンゴよりうまいドラマーはいくらでもいるんだろうけど、ビートルズが曲をやるにあたって、彼のドラムスがバンドの色つけに果たす役割というのは大きなものなのだろうな、、と、この高橋氏の発言によってあらためて感じ入りました。
 
番組内では、最後にYMO+コーネリアス+権藤知彦氏の貴重なスタジオライヴがあります。
ビートルズのカバー、「ハロー・グッバイ」もやりました。この曲のドラムスも難しそうですよね。
えーと、しかしながらここでは、昨今の気候を鑑みてこの曲にしました。
サイケデリック・ビートルズの嚆矢的な作品でしょうか。たしか、リンゴも自身のベストプレイはこれ、って言ってたんじゃないかな。