アイランドのクリムゾン


・・少しずつ貯めている、ブートっぽいCD、、いや、公式のものですよ。
これらはキング・クリムゾンという名の、プログレッシヴ・ロックバンドのライヴ音源です。1969年にデビューし、なんと今だ現役のグループ。ロバート・フリップというギタリストがリーダーであります。
フリップ氏はクリムゾンが「プログレ」と呼ばれることを嫌っていますが、間違いなくプログレの、しかも最高峰のバンドと言えます。
ただ、、メンバーチェンジが激しく、年代によってかなり音楽性も違うため、他のプログレバンドよりは少しとっつきにくいかも知れませんね。

続きを読む アイランドのクリムゾン

夏の夕暮れ


夕方になってもなかなか気温は下がりませんね。雲もまだまだ夏の趣です。
それでも蝉の声はツクツクボウシだけとなってきました。
このところ、車中では集中してキング・クリムゾンのCDを聴いています。また、あらためて記事にします。。
みなさま今日もおつかれさまでした。明日も良い日でありますように。。

Sympathy For The Summer

暑さはなかなか抜けませんね。みなさん、夏バテなさってませんでしょうか。
先日うちに出入りされている庭師さんが熱中症にかかり、現場から救急車で搬送されたそうなのですが、昨日退院した、、と言って今日お寺に寄って行かれました。
ワタシよりはずっと年上ですが、軟弱なワタシなんか足もとにも及ばぬタフな男性です。もちろん気をつけておられたにもかかわらず、それでもダウンされてしまうのですよ、この夏ってヤツは。。
その方がおっしゃるには、年齢や体力にはあまり関係ないそうで。
「今日はなんかおかしいな、、って思ってたんやけど、痙攣起こしはじめたからね。さすがにこらあかんと思た」とのこと。
外でシゴトしているときは、喉が渇いたなーって思ったらもう遅いとのこと。渇かないうちの水分補給が重要なんだけど、水分だけじゃダメで、ちゃんと塩分やミネラルも摂らなくてはいけないこと。
等々、いろいろレクチャーしていただきました。
 
いやいや、しかし寝ている間に熱中症にかかって、知らないうちに命を落としてしまう、、などという怖い話しも聞きます。どうかみなさまには、引き続きお気をつけくださいますように。。
じゃあストーンズに暑気払いしてもらうか。

ストーンズをネタにするのはめずらしいですね。じつはちょっと好みが限られていて、60年代から70年代初めまで、、かな。。
これと、「ダイスを転がせ」が私にとってのツートップです。ここでのキースのギターソロが好き好き大好きですね。
ちなみにこの映像は、なにか映画なのでしょうか。銃撃シーンなどありますのでご注意を。。

夏終わっていきますよ・・

さてさて未だ猛暑なのに夏休みも終わり。今日から小学校再開です。
いつものように朝のムスコズ周辺には、持病の「長期休み明け学校行きたくない病」ウィルスの香りがプンプンしていて、ウルトラブルーの笑顔のないまま登校していきました。
そしてシゴトから帰ってきたチチの目には、とりあえず学校で完治した二人が宿題をする姿が写っていました。しかし1号は頭痛を訴え、夕方のスイミングは休み。チチは2号と二人っきり、しっぽりとドライブを楽しみつつ連れて行ったわけでございます。
ああもう、小学校ライフも、大きな行事は修学旅行を残すのみでしょうか。あと7ヶ月もすれば卒業しちゃうよ(笑)
 
ちなみにそんな二人の好み、以前はGReeeeNがいちばんだったのですが、さいきんはいきものがかりも好きみたいです。
↓音声のみですが

また禅とジャズと・・

先日、坂本龍一が進行を務める音楽番組「スコラ」の集中再放送があって、今度はちゃんと録画してざーっと見ました。
その中ではえーと、、ジャズ編が圧倒的に楽しくておもしろかった(笑)
黒人音楽と白人音楽がアメリカで融合してできたジャズ。そのなんたるかを語るとき、坂本がゲストの山下洋輔のプレイを、「左手がヨーロッパ音楽で右手がアフリカ音楽」と評したたとえがなんとも魅力的でありました。
ジャズ演奏のポイントのひとつに、「コール・アンド・レスポンス」というものがあるそうです。ソロとバックで、ひとつのフレーズを掛け合いしていくものです。楽器によるシュプレヒコールみたいなものでしょうね。
で、バックがきちんと基本をキープしていれば、ソロイストは安心してソロしまくれる、、という構造となっているようです。
 
ジャズの即興と、じつは禅の問答とを絡ませるのがけっこう好みで、、今までに何度かネタにしておりましたが、この番組を見て、やっぱりそう思いました(笑)
どちらも生身の人間が、自分の信念を携えてぶつかり合う姿と言えますね。
駒澤大の石井清純教授の著書『禅問答入門』には

禅問答は、同じ質問に対しても、時と場所、人が違えば答えも変わってきます。

とか

このような個性溢れるパフォーマンスの「本意」を読みとっていくことが、禅問答解釈の醍醐味となります。

と記されています。一度きりの真剣なやりとりが、目にし耳にする者の心を動かし、そこから自分は何を得ていけるんだろう、、と試行錯誤させるのでしょうね。

4047034630 禅問答入門 (角川選書)
石井 清純
角川学芸出版 2010-05-25

by G-Tools

「心頭を滅却すれば

・・火も自ら涼し」などという、なんとも勇ましい言葉が禅には伝わりますが、もちろん、悟りを開けば火炎すら熱くなくなる超能力を得る、、ということではありません。
たとえば寒暑などは人間の力でどうなるものでもなく、私たちはそういう状況に置かれたら置かれたで、何ができるか探りながら一所懸命に生きるしかない、、ことを教えていると言えるでしょうね。
先日見たNHKの番組で、地球の一生を120億年と仮定して、それを12時間に置き換えたら、現在はちょうど4時半くらいだと言ってました。
そして、今いるような複雑な生物が生きられる時間は4時から5時のあいだの1時間。その中でも、人間が生きていられる時間とはなんと、1000分の1秒しかないのだそうです。
ああ、ベタな感慨なんだけど、なんと人間のちっぽけなことか。
えーい、喝を入れてやるー

警策(きょうさく)を入れているのはワタシ。入れられているのはムスコ1号です。

とりあえず寝ビールで

今日からはぼちぼちモード。降ってわいたような懸案もあるのですが、それもうっちゃって(おいおい)身心ともにだらだら過ごしております。
午前中に他のお寺さんの法要を手伝い、夕方いそいそとマッサージなど受けに出かけておりました。年に何度か訪れているところです。終わってから、お茶とお菓子をいただけます(笑)
 
超ひさびさの寝る前ビール・・。

『エヴァ』って、けっこうクラシック使われていますよね。
しかも、ベートーベンの第9とか、ヴェルディの怒りの日とか、、わりと勇ましめなヤツ。
でも、えーと、なんか映画版ではバッハの無伴奏チェロかかってたな。

気合のヨーヨーマ聴いても、、ああもう、、この、なんかどうでもいいような脱力感は何でしょう。。

今日は兼務寺の

お盆の法要、施食会(せじきえ)でございました。
法要はおよそ1時間。切れ目はありませんが前後半に分かれていて、前半が有縁無縁にかかわらずすべての精霊を供養する法要、後半が初盆のホトケさまを供養する法要となっています。
もちろんムスコズも法衣着て参加。少し慣れてきたでしょうか。暑くなったけど、昨年よりは体力もついているでしょうしね。
 
今夜は星がきれいに見えますわー。
映像を挿入して、さりげなく(?)音楽ブログ化を画策する昨今であります。。

でもこれ、たしか失恋の歌だったかな??

お盆終わりますー

お参りもぶじ終わりまして、ただいまお寺で休憩中です。
もう少し涼しくなるのを待って、お墓まわりの片付けなどいたします。
みなさまにとりまして、盂蘭盆2010はどんなお時間でございましたでしょうか。
亡くなられた縁ある方々の安らぎを念じるとともに、いま、現に生きている私たちのこれからもしなやかに安らいだものでありますように。
そして昨日のこととなりましたが、先の大戦から65年を迎え、戦争で亡くなったすべての人たちを追悼するとともに、私たちが、これからの世界を平和に向かわせることができますように。
そのためにも、みなさまの身心がますますお健やかでありますようにと願っております。
 
今日は勢いつけるために、マドンナとか聴きながら(笑)運転していました。
明日は兼務寺のお盆法要。妻子と4人で早朝より出発です。
明後日から妻子は里帰り。3日ほど、お気楽ロンリーに過ごします。。