いつでも夢を

ついに門前のソメイヨシノが、ひとつふたつ花を咲かせ始めました。春ねー。
先日、ある韓国在住の女性(60代かな)と少しお話しする機会がありました。
とても流暢な日本語を話されていて、「お上手ですね!」と感心していると、その方は大学を釜山で過ごされ、そのときに日本のテレビばかり観ていたから覚えちゃったとおっしゃっていたのです。そして、橋幸夫と吉永小百合のファンとも言われて、これは意外な組み合わせだなぁ、、って思っていたら、「いつでも夢を」が大好きなんだとのこと。なるほど!
うー、これは我ながらホントにうかつ。私も大好きな歌ですよ。むかしカラオケでもよく歌ったし(笑)
いわゆるデュエット曲では私的No.1ですね。
 
このYouTubeでの映像は、1968年「日本レコード大賞」でのものみたい。吉永小百合は美人だなあ。
曲も歌詞もすばらしいですね。
「星よりひそかに、雨より優しく」って、なんて詩的なんだ。じーんときます。
 
苦難に耐えて、夢を持って生きようという歌。ここでこれを震災で被災された方々に捧げる、、なんて不遜なことは絶対いたしませんが、いつかみなさんが心からこんな歌をしみじみ聴けるようになって欲しいと思っています。

福島からフクシマへ・・

もはやスリーマイル島を超え、「世界のフクシマ」となってしまった感のあるこの原発事故。
過剰な楽観や悲観を避け、「正しく怖がる」ことが必要と説かれますが、それも「正しい情報」がもたらされての上のこと。今の状況が、そこに至っていないことは、この鈍感な私でもなんとなくわかります。
これからの日本はふたたび、「被爆」とともに生きていかねばならないのでしょうか。原発の是非について、私は今まで正直考えたこともなかったので、まだ軽々に考えを述べる力はありませんが、、さてー。。

じゃあクラフトワークでも聴いて寝るか。って、これは寝れねーよ。。

お彼岸終わったなり


おかげさまにて大勢のみなさんをお迎えし、春彼岸法要はぶじに終了しました。
お彼岸の入りから、お寺の玄関に義援金ボックスを置いており、また今日も口頭でご案内をいたしましたところ、とてもたくさんの浄財をいただきました。
責任を持ってお預かりし、託したいと思います。
 
ああ、しかし疲労困憊なり。

じゃあキャラバンでも聴いて寝るか。

卒業しました

うちのお彼岸法要を明日に控え、かなり無理して(笑)卒業式に行ってきました。
いやー、、良かったというかおもしろかったというか。。
いろいろ感慨など書きたいところですが、もう体力切れで明日も早いので、ご報告のみ申し上げてこれで失礼いたしますー。

右、すこし離れて立っているのが1号。後列中央が2号であります。
後列左端が1号の担任の先生。タグラグビーの顧問でもあります。若くてイケメンですが、残念ながら(?)今秋ご結婚なさいます。
うーん、こんな友だち、たいせつにしてくれよ~。

じゃあスティクスでも聴いて寝るか。

卒業前日


最後の普通登校でありました。卒業アルバムも通知表も、今日もらって帰ってきました。
6年間、ホントはやかった・・。
 

ランドセルもポケモン筆箱も、入学以来ずっといっしょでありました。
物持ち良いヤツらだな・・。
 
二人は中学へのプレッシャーなのか、卒業したくねーよ、、ってな感じでナーバスになっておられます(笑)
さてさて、これから中高へ。40超えてわかるけど、人生の中でもホントとくべつな時間だよね。

じゃあ達郎でも聴いて寝るか。

ディランを聴く日々


卒業式を3日後に控え、ムスコズのスニーカーを新調しました。あこがれのひも靴。ああ、私もそういえば同じだったな。
 
地震でショックを受けた気持ちのままお彼岸に突入し、なんとも不安定なメンタルの毎日です(じつは、たまにそんなコトになります)
外出で車に乗るときは、なぜかボブ・ディランだけを聴きながら運転しています。というか、ディランしか聴けない身心になってしまいました。
もうたまらん感じになってきて、これがこのまま続くとまずいぞと思って、、えーと、そのまんまです(笑)
なんでかな。阪神淡路のときには、ここまでの気持ちにはならなかったのにな。
とりあえず表に出すことによって、なんとかガス抜きを試みます。。

ディラン、どの時代の曲もすばらしいけど、今しみいるのは60年代のかな。
Ah, but I was so much older then
I’m younger than that now.
というサビ(?)の歌詞がね。震わせるなあ。

お彼岸だ、総統だ


桜のふすま絵を出しました。吉野がモデルのようです。
 
最近ツイッターで超話題(ホント?-笑)のヒトラー総統。

うまいねー、すばらしいよ。感動しますね、うちの子もコレ見て笑っちゃってた。
と思ってたら、19日にはもう削除されちゃっていた!

続・東北地方太平洋沖地震

日を追って被害の甚大さが明らかになるにつれ、本当に震撼してしまいます。
先ほども静岡県富士宮市で震度6強とのこと。京都もほんの少しですが揺れました。いや、マジ怖いっす。
ニュースはすっかり原発モードですね。じつは地震が起きてからはブログをほったらかし、ずっとツイッターでした。原発に関しても、そちらで繰り広げられるデマ含みのいろんな書き込みを見てたのですが、正直よくわからないトコロです。
しかしながらいまこの時点でも、職員や自衛隊の方々が必死で対応されているのは事実であり、とにかく無事と、被害がこれ以上広がらないことを願うばかりです。
曹洞宗寺院は東海から東北に多く、まさに今の地震地帯ですね。陸前高田に同級生が、気仙沼にも知り合いのお寺さんがあります。福島や茨城にも数知れず。うーむ。
Googleにパーソンファインダーというサービスがあって、生存確認ができたりします。陸前高田も気仙沼も、ここで見つかりました。でもお寺はひどいことになってるだろうなって思ったり。
 
えーと、なんだかとりとめのない記事でスミマセンですが、今日は車中でずっとボブ・ディラン聴いていました。
1966年のライヴです。ちょうどエレクトリックになり始めたころですね。

しみじみ。この疲れは、音楽が足りないからと思い至りました、ハイ。

東北地方太平洋沖地震

本日起きた大地震において、お亡くなりになった方のご冥福をお祈りし、被災された皆さまにお見舞いを申し上げ、あわせて一日でも早く復興が果たされますよう念じております。
マグニチュード8.8という、およそ想像の域を超える超大地震ですね。明治以降で日本の観測史上最大であり、1900年以降、世界で起きた地震で5番目に大きなマグニチュードであったそうです。
阪神淡路では建物の倒壊と火災によって亡くなった方が多かったわけですが、今回のは、あの大津波でしょうか。宮城県名取川を遡って、家も車も飲み込んでいく映像にはあぜんとするばかりでした。
とくに恐ろしいなと思ったのは、宮城県には大津波警報が出ていたわけですが、県内が停電のため、その警報が行き渡らないということを聞いたときですね。
地震発生時、私はちょうど大阪におまいりに出ておりました。出先だったので揺れにはまったく気づかず、乗せてもらっていた車でかかっていたラジオで第一報を知りました。
その後、地震の影響で少し遅れ気味の電車に乗って帰宅途中、福島の知り合いにメールしてみました。(本人は東京にいたようで無事を確認しました)
4時すぎに帰り、TVをつけて被害の大きさを実感。茨城や千葉の友人に電話してみるもさすがに通じず、メールでやっとこさ無事を確認してほっとしておりました。
あわせて夕方からはツイッターに張り付き、タイムラインを見つつ、私も少しくツイートしていましたが、ツイッターの威力を感じるとともにいろいろ考えさせられました。
ツイッターは瞬時に情報が流れ、携帯からもすぐ見られるので緊急や安否の確認にはもってこいです。しかし、デマも飛び交い、情報が混乱する怖れも大きいようです。
また、善意や心配からなされるツイートがあふれ、それによって、本当に緊急かつ有用なツイートが埋もれてしまう可能性があることも知りました。
おそらく一夜明けて明朝、被害の詳細が少しずつ明らかになっていくでしょう。どうかこれ以上被害が広がらないよう念じております。。

弥生の雑話

いよいよお彼岸を目前にして、今日はお墓掃除のまねごとや、その他事務シゴトなどいたしておりました。
近所にある河津桜は少しずつつぼみを開き始めたようでございます。

早咲きの桜です。このところは暖かい日もあって、三寒四温を実感しますね。
 
ムスコズの小学校登校は、もはやあと9日を残すのみとなりました。9日目がなんと卒業式です。うちの法要前日という、なんとも泣ける日程ですが、なんとかやりくりして出席する予定です。
イーグルスモードはぶじ終わって、今度はビーディ・アイですね。
その他いろいろ聴きたいCDはいっぱいです。でも、しばらくは、、今月いっぱいくらいは買わないと思います。
本の方はずっとなにがしか読んでいますね。最近読了したのは『リング』だったり(笑)
小説では、貞子はテレビからは這い出してこないのね。映画は一度だけ通して観たなあ。真田広之と同じ動きで逃げたよ。。