フロイド大人買い


ああ、こんなに買っちゃった。こんなにまとめて買ったのは、ビートルズのボックス以来2度目だ(笑)
「ピンク・フロイドの道はプログレッシヴ・ロックの道なり」と高らかに謳われ、オリジナル作品がリマスターされて、ほぼ一挙に発売されました。ここまで折れずに人生送ってきて良かった! ピンク・フロイドすばらしい!!
でもフロイドって、いわゆるヨーロッパっぽいプログレの様式美とは一線を画しているような気もしますね。元がサイケだったからかな、、と思ったり、リック・ライトのキーボードがジャズっぽいのかな、、とも思ったり。
「5大」なんて言われる、クリムゾンもイエスもジェネシスもELPもそうだけど、様式美を追求するようでいて、じつは様式美を破壊しているような。それでいて多くの音楽ファンにアピールする普遍さを併せ持つ。うーん、実現するのは難しそうだよね。。
 
さてさて現在、時系列で順番に聴いていまして、それで思いますのは、、
「神秘」や「ウマグマ」なんかの、初期作品の力強さ。ああ、このころのフロイドを生で観てみたかった。いや、本当にマジで。
それと、これはよく言われると思うけど、個々の楽器音のきれいさ、というか録音のきれいさと言えるのかな。
それとあらためて感じるのは、、
「雲の影」までと、次作品「狂気」との隔絶さ加減ですね。これは、たぶんシンセサイザーを導入したのと、ツアーも利用(?)した綿密なリハーサルのなせる技かと思いますが、それまでは作品ごとにひとつずつ階段を上っていたのが、「狂気」に至って、階段を一気に5段くらい飛んだくらいの差がある気もします。
 
では、当分はCD買わないと思うので、しばらくフロイドばかり聴いて過ごします。
 

「神秘」の、後半部分です。ちょっとマニア向けで恐縮です。

9月も終わりにさしかかり


門前のガードレール沿い、彼岸花が今年も満開を迎えました。
どこからともなく、キンモクセイの匂いも漂ってきました。いよいよ秋本番ですなー。
今日は「両祖忌(りょうそき)」という、曹洞宗ではたいせつな一日。いちおうそんなことも念頭に置きつつ、ポクポクいたしております。
なんだかバタバタもしていますが、なんとかガンバります~。

今日からこちらです

image_20110826183559.jpg

写真は宇治市にある興聖寺、曹洞宗では非常に重要なお寺です。
今日から3日間、ここで御征忌(ごしょうき)という大きな行持があります。私も末寺(お寺の分家)としてお参りしますが、明日は当番が回ってきて導師をしなければなりません。ここでは初めての経験。法要の決まりごとにヨワい私は緊張しますー(>_<)
今日も、ちょっと気になることがあって詳しい先輩に聞いていたら、「(失敗して)何か言われても、『私が導師として任されています』と言えるようになりや~」と笑いながら教えていただきました。
もう少しトシ食ったら、そんなことも厚かましく言えるかなー。

夜が長くなっていきます

お中日も終わり、いよいよ本格的な秋到来といったところでしょうか。
あと2週間で中学校の前期も終わり。今はまだプールに入っている水泳部も、後期からは陸トレに入るというウワサです。
前期期末テストもぼちぼち返却されはじめました。数学なんか、あまりの点数の低さにクラクラしてしまったチチです(笑)
秋ねー。
しぶい音楽とか映画とか楽しみたいねー。
これもしぶいね。

もう30年近く前か。鮮烈に覚えているよ。このころのサントリーのCMって、ホントすごいの多かったよね。

秋彼岸法要終わりました


台風一過のさわやかな秋晴れのもと、午前10時からの法要に、たいへん大勢のお参りをいただき、おかげさまにてぶじにおつとめは終了いたしました。
ムスコズもブカツを休んで参加。写真は、ふたりの法衣です。
午後は片付けに専念してやっとほっこり。ああしんど、、であります。
なんだか涼しくなりましたね。まだ暑さ戻る気配もあるようですが、みなさまにはどうかお気をつけていただきますように。
ではまた♪

ふすま絵出ました


お彼岸法要を明日にひかえ、やっとこさ秋のふすま絵を出しました。
日本画家、井出文洋氏の作品です。奥入瀬の渓谷が、モデルと聞いています。
 

じゃあ太田胃散、、もとい、ショパンでも聴いて寝ますか。
ところで、この曲「イ長調」なので、「胃腸薬」のCMに使われた、、って聞いたことあるんですけど、、それってホントですか??

間もなくお彼岸で

23日に行われる、法要の準備も本格化してきました。今日は中腰でずっと本堂に掃除機かけていたものだから、、腰が痛いっす(>_<) そういえば3連休の最終日だったのですね。 お参りの方の出入りも多く、ああ、もうお彼岸なのだな、、と実感するコトしきりであります。 ムスコズはブカツが休みで、午後から友だちの家に遊びにいっておりました。じつはしばらく1号が風邪ひいてまして、昨日の練習を休んだりもしておりました。 もう大丈夫かな。明日からはしっかり泳いでおくれ。。 2号がさいきん読んでいるのが『エクソシスト』の原作(笑) 映画も評価高いですけど、原作も(怖いけど)おもしろいんですよね。ただ、これが持つ深さは、まだ2号では理解できんだろう。 それと、縁ある方への業務連絡みたいで申し訳ないのですが、、 今までツイッターとフェイスブックを連動して、つぶやきしていましたが、めんどくさくなって(汗)更新はフェイスブック1本に絞ることにしました。 日常の小ネタや、ちょっとまじめな小ネタは、そちらをご覧いただければたいへん幸いです。。 (ただ、フェイスブックのアカウント持っている人しか見ていただけなくて、それも恐縮なんですが・・)   そんなこんなのお彼岸直前。 ロンリーに掃除や片付けしていたワタクシの、脳内BGMはこちらでありました。  
最高気温だけはまだ、夏なのね・・。

Noel始動しています

さてさてBeadyEyeが一息ついたところで、次はもちろんNoel Gallagher氏の話題であります♪
 

第1弾シングル買いました♪
でもCDは売り切れてて、EPで買いました♪
 

この曲です。
うーむ、Noel調子よし(笑)
まさにNoel節って感じですね。しかも、ごくごく最近の。
アルバムももうちょっとで発売。YouTubeでも何曲か出てきていますね。どれもカッコいいんだよなあ。
ツアーではOasisの曲も演奏すると明言しているようで、Zeppあたりでしないかな・・。
 
裁判にまで発展しそうになったLiamとのトラブルは、少しずつでも良い方向になっているのかな。人間的にはどちらも、誰もと同じく良い面と悪い面があると思うのだけど、二人とも息長く活躍していって貰いたいな。

ものごとを決めるつらさ

東日本大震災から半年にあたり、住職寺サイトの方でアップした小文を、こちらにも掲載させていただくことにします。
 
東日本大震災から、はや半年が過ぎました。被災された方々は、まだまだ大きな不安を抱きながら、毎日を手探りでお過ごしのことと思います。
過日の台風12号でも大きな被害がありました。亡くなった方の数は違えども、災害でたいせつな人を奪われたことへの悲しみは、ひとつひとつがそれぞれの重みを持っているものなのだと思うところです。
これから、少しずつではあっても、復興に向けて歩いて行かれることでしょう。その中では、おそらくいくつもの決断がなされていくのだろうと思います。そして、それは苦渋の選択を強いるものがあるとも想像します。
 
一般論になりますが、ものごとを決めるときのことをふりかえってみると、「これが100%正しい」と断言して選べるときというのは、もしかすると少ないかも知れません。
これで正しいのかどうか。80%、いや60%くらいしか正しくないかも知れないと悩みながら、でも決めなくてはいけない。
そしてその結果が、良いにしても悪いにしても、まずは受け止めていかなければならない。
ここをご覧のみなさんも、おそらく、このくり返しで人生を送ってこられたことと思います。
そして、きっとこれからも、このくり返しで人生を送っていかれることでしょう。
 
しかし、ときに決められないことがあるかも知れません。
 
ときに受け止められないことがあるかも知れません。
 
そんなときはどうぞ、苦しみを辛抱なさらないでください。
自分のまわりに、助けになれるものがあるか、どうか探してみてください。
そして苦しみに疲れたときは、ぜひ仏さまのお顔をごらんにおいでください。