コタツがフレンド


これ、まあ、こんな感じでムスコズは日々を過ごしています。
いや、ちゃんと起きてるときは起きていますよ(笑)

はや1月も終わりに近づいてきました。いろいろ用事も重なりますが、なんとかやっています。
じつは、明日は外回りのお参りがない日。すっごい久しぶりです。お寺はいわゆるオフ日ってないんですけれど、その分(?)通勤というものはありませんし、時間の融通も、会社勤めの方よりはつけやすいとは思います。しかし365日、朝寝できないってのは辛いかなあ(笑) いや、とはいえ、ふだんそんなに早起きはしていませんけれど正直・・。


ちょっとイギリスが続いたのでアメリカものでも。ずっとむかし、なにかTVドラマの主題歌になっていませんでしたかね??

睦月雑話2013

先週に映画「レ・ミゼラブル」を観ました。
すばらしかったですね。ビクトル・ユーゴー原作の有名なミュージカルの映画化で、この映画もミュージカル仕立て。ワタシは予備知識なしで行ったものですから、セリフがいきなり歌ばっかりだったのはちょっとびっくりしました。
しかしそれにしても、まあ鉄板の物語であり、どうアレンジしても感動させられるのではないでしょうか。いや、ホントすばらしかったです。ミュージカルが苦手、、という方でない限りは、自信を持っておすすめできますこの映画。
主人公のジャン・バルジャン役にはヒュー・ジャックマン。「Xメン」の人だそうですね。言われるまでぜんぜんわからない。最近の映画「シャーロック」の、ロバート・ダウニーJRか?、いや、違うか? と思ってて、それをムスコ2号に言ったらなんか納得されちゃったり。。

そのムスコズは、先日の塾テストにて散々な結果(苦笑) 昨年のクリスマスプレゼントだったNintendo3DSは没収されました。目標を設定し、そこに向かってこつこつ準備していくことを学んでおくれよ頼むぜ。
そしてそのチチは、なんとか体調もキープしつつ過ごしております。原因のよくわからないじんましんにちょっち悩まされたり、先日受けた大腸内視鏡検査の結果で、全摘したポリープは放っておくとガンになる可能性のあるものだったと脅されたりしながらの毎日です。さてさて長生きできるものかな・・。


縁起を担いで、スマホのカバーを替えました。

 

このところ洋楽ばっかりだったので、「日本語ロック」を。古いよね(笑) でもなんでこんなカッコいいのだはっぴいえんどは。

鳥取帰り

image_20130022153320.jpg

写真は鳥取県智頭(ちず)の駅です。
じつは義姉のお母さまが急死され、日帰りでご葬儀に会葬してまいりました。その帰り、特急スーパーはくとの車中であります。
鳥取から京都まで乗り換えなしで3時間。意外と近いです。
ご冥福をお祈りしつつ、雨降る車窓を眺めています。

ミューズ来て帰った・・

鉄拳氏によるPVが話題となって、すっかりお茶の間にもおなじみ(?)の英ロックバンド、ミューズはさいたまアリーナだけの公演をおこなってお帰りになってしまいました。
なんだか彼ららしいド派手なステージだったようですね。前回は大阪にも来てくれたので観られた(そのときの記事)のですが、今回は、、残念でした。

あ、そういえば今朝、ネガティヴ栗原類氏によるインタビューをTVで見ました。「鉄拳をヘンなコメディアンだと思いましたか?」という質問には、「KISSのドラマーかと思ったよ」って答えてて私も失笑してしまいました(笑)
ミューズはクイーンっぽいところもありますし、きっと日本でももっともっと人気が出ると思いますよ。次はかならず大阪に来てよ~。。


鉄拳氏PV第2弾。ミューズもっともっと進化しろ~。

キングクリムゾンタイムライン

いつもながら(?)、とっても狭いネタで恐縮なのですが、、


あるところで見つけた、これはキング・クリムゾンのメンバー変遷を表にしたものです(クリックすると大きくなります)。

めまぐるしいメンバーチェンジをしているバンドなので、これはわかりやすい。時期によってぜんぜんちがうバンドみたいな音ですし、はっきり言って、細かな「解散→再結成」をくり返しくり返ししていますよね。
それでも大雑把にくくると3つに分かれるのでしょうか。適当に名づけると、「クラシック・クリムゾン」と、「ディシプリン・クリムゾン」と、えーと、、「ヌーヴォ・クリムゾン(?)」かな。ブラフォード氏は、この3期にわたって関わっているのだね。あらためて見ると偉大な貢献していますよね。
そしてブリュー氏が、まさかこんなに長くクリムゾンにいるなんて、、初めはきっと思いもよらなかったのではないでしょうか。

クリムゾンか、、初めて聴いたのはいつだったのかなぁ。
私はどの時期もOKなのですが、リアルタイムで聴きだしたのが「ディシプリン・クリムゾン」なので、けっこうそこに思い入れあります。
しかしもう、活動はしないのかな。生は観たことないですし、もしかなうならぜひとも行きたい未体験バンドです。


1969年、超初期のライヴですね。レイク氏は美しいし、客はフラワーしてるなぁ(笑)

Prologue/Twilight

禁酒を宣告されて、およそ一週間の経過したshosenです・・。しあさってから頂けます。
しかし病気には気をつけないと、、と心底からも思います。じつは、妻の友だちが、数日前にくも膜下出血で倒れ、残念ながら今日亡くなったということがあったためです。妻と同い年で、私も記憶は薄れていますが、なんどか直接お会いしているはずです。謹んでご冥福をお祈りいたします。。

三連休中、やはりご法事が重なります。ムスコズもずっと、早朝からブカツです。それでも年変わりのころを思うと、私もかなり元気になりました。お酒が良くなかったのでしょうか・・。
じゃあ寝酒のかわりに、このあたり聴いてお休みします。『サージェントペパーズ』とか『狂気』とか、冒頭がすごくカッコいい歴史的名盤がありますけれど、ELOの『タイム』冒頭も引けを取らず好きですね。


ドラマ『電車男』の主題歌でもあったそうですね? 甘くて甘くて、ポップでポップで大好き。フランジャー効かせすぎのドラムスも、内気な男子的な歌詞も大好き。

体罰は熱血か鈴木先生か

「大阪市立桜宮高校2年のバスケットボール部主将の男子生徒(17)が顧問の男性教諭(47)から体罰を受けた翌日に自殺した問題」が、ニュースを賑わしています。

「熱血指導」なのか「暴力」なのか、現場の先生方は本当に苦労されながら、試行錯誤を重ねておられるのだと思います。
しかし、桑田真澄氏が「体罰では強くならない」と主張される記事を読んでも、「愛があるなら体罰も許容される」とはとても言えないのだ、、とあらためて私自身も考えます。
件の男性教諭に対しても、「強く指導してくれて感謝している」という、元教え子さんのコメントを耳にします。しかしながら、その数を圧倒的に超える、体罰に恐怖する「出てこない声」がきっと隠れているのではと想像します。

このことで、明日(12日)公開される映画『鈴木先生』を思い出してしまいました。
この原作であるマンガに、こういう話が出てきます。鈴木先生が勤務する中学校で、女子生徒による先生の人気投票が行われ、どちらかというと優等生にもてる鈴木先生が1位になり、どちらかというと不良生徒にもてる岡田先生が2位となりました。
たまたま遊びに来た、元不良の卒業生がその結果を見て、「不良の俺たちをちゃんと見てくれた岡田先生のところには、いつも卒業生が来る。ところが優等生ばかり相手にする鈴木先生のところには来ない。本当の人気、本当の人間性はそういうところに出てくるんじゃないか?」と挑発するわけですね。
もちろん鈴木先生はそれだけの軽い教師ではないのですが、それには反論できずにいました。ところが、そのやりとりを耳にした彼のクラスの女子生徒が、あとで鈴木先生にだけ、「鈴木先生の所に卒業生が来ないのは、みんなそれぞれのところで精いっぱい頑張ってるからであって、勝手に情が薄いとか決めつけて見下すな」ともらすんですよね。
目に見えない、耳に聞こえないところの方が、じつは目に見えたり耳に聞こえたりできるところよりずっと大きいんじゃないか、、と、このふたつのことがくっついて思えたのです。

人は国の宝であり、教育は宝を磨くものです。隠れているところに手が届かないことがないようにと思うと、、冷や汗をかいてしまいますね。。

Call me the tumblin’ dice

新年になり早十日となりますね。
ムスコズも一昨日から学校再開です。春に進学すれば、なんともう3年生。あっという間の最上級生です。つまり、いよいよ受験です・・。

そのチチは、じつは今日日帰りの手術を経験してきました。手術といっても大げさなものではなく、内視鏡による大腸ポリープの切除です。
昨秋受けた人間ドックで精密検査を受けろといわれ、その検査の中で取ってくれたわけですね。昨日から、今日明日にかけてはバリバリの食事制限、お酒も一週間いただけません(笑)
もちろん元気ですが、明日明後日は安静にしてろということで、シゴトもほとんどキャンセルです、スミマセン(汗)

しかしこれからは晋山式の準備も、いよいよ本格的に始めていかなければいけません。では、この曲で勢い付けていきます♪


ストーンズではいちばん好き。「Roll me and call me the tumblin’ dice」とは、文字通りロックンロールな歌詞ですわ。

妻実家帰り中

image_20130005162303.jpg

例によって、昨日先行した3人を追いかけて中国自動車道を西進しています。
私の現在地と、車内BGMと、おやつは写真にてご確認ください(・∀・)