年度変わりますね

ソメイヨシノも一気に満開になってきました。スミマセン、写真は一週間ほど前のものなので、今はもっといっぱい咲いています。例年よりかなり早いですね。
年度末を迎え、みなさまもそれぞれお忙しいことと思います。どうかくれぐれもお疲れのたまりませんように・・。

春彼岸が終わってホッコリする間もなく、通常業務の合間を縫って、5月の準備をしています。法要自体は、まあ心配してはいないのですが、その他諸々のことでいくつかの業者さんと折衝を繰り返す毎日です。かんたんな行列も組むので、道路使用許可を得に警察まで行く必要もあったりします。

ムスコズは春ブカツと春期講習のくり返し。講習の帰りは10時半を過ぎますし、そして明朝早くにブカツに行かなければならないので、なかなかたいへんです。昼間はかなり脱力しています(笑) あ、いちおうヤツらの名誉のために言っておくと、勉強もちょこってしてマス。

そんなふたりには申し訳ないのですが、私は週明けひさびさにライヴ行ってきます。


最新作『This is PIL』から、「One Drop」。PILポップって感じですな。

鉢単が届きました

ちょうど4年前、ムスコズが得度を受ける(坊さんの仲間入りをする儀式)にあたって、曹洞宗僧侶の必須持ちものである「応量器(おうりょうき-食器)」を購入しました。以前よりネット上でお世話になっており、偶然にも大本山永平寺にも卸しておられる、漆職人kotaさんのお店です。

そして、この度さらに「鉢単(はったん)」なる品が届きました。

これは、応量器を使って食事をする際に、器の下に敷くものです。
応量器は6つの食器が入れ子になってコンパクトに収納されるもので、鉢単は、折りたたんで応量器の上にのせてしまうのです。ですので頻繁に折りたたみされるため、折り目がすぐに傷んで切れてしまいがちです。
kotaさんも、かなり試行錯誤されたようですね。しかし、先に頂いた応量器にふさわしい鉢単でした。


黒革の財布ではありません。
和紙と漆でできた、これが鉢単なるものです。

 

こうやって広げて使います。

 

以前にお世話になった応量器。

 

鉢単の上に並べてみます。

応量器が届いたときの記事がこちらです。ムスコズにずっと使っていってもらいたいわけですが、良いものを使う縁に感謝をして所持していって欲しいトコロです。私も深く感謝しております。

ハルスグソコ


門前の道に並ぶ、河津桜が満開を迎えています。(写真は日曜日のものなので、ちょっと古くて恐縮です)
今冬は寒さが長かったせいか、いつもより一週間ほど遅いかな。しかし、ここ数日のあたたかさで一気に咲きそろい、今日の強風でかなり散ってしまうのではないかと思います。

ソメイヨシノの開花予想は例年より早いそうですね。春がすぐそこまで来ているのだと思わせるニュースです。
ムスコズはぶじ2年生を修了しました。親御さんはみんなそうおっしゃるでしょうけれど、ホント速いわ・・。いよいよ高校受験の年を迎えます。うちの方では、来年度から入試制度ががらっと変わり、先生方もまだつかみかねているようですね。有無を言わさぬ学力があればいいのですがね(苦笑)

お彼岸のお中日、荒れ模様のお天気でお客さまも少なめだったようです。お彼岸はまだ続きますし、お寺の法要も24日です。大勢のお参りをお待ちしているトコロです。


春ですからね。ジミヘンですよね(何故?)
やっと最近ですよ。ジミヘンってすごいんだな、、って、しみじみ思うようになったの。。

昨日のUSTREAM

福島で開催されていたのは全日本仏教青年会が主催する「追悼慰霊・復興祈願法要と復興イベント」であります。さまざまな宗派によるみなさんの、じつにバリエーション豊かな法要。西田敏行氏のトーク。築地本願寺でオルガンを弾いておられる小島弥寧子さんの演奏。有意義な時間を、お越しになったみなさんもお過ごし頂けたことと思います。ワタシは客席をうろうろしつつ、写真撮影を担当していました。
この催しはUSTREAMにおいて日英両方の言葉でライブ配信されていて、その英語版が録画で今も観られます。3時間を超える映像ですが、ぽんぽん飛ばしながらでも雰囲気ご覧頂ければ幸いです


Video streaming by Ustream
ワタシも20秒間だけ映っています(笑)
しかし3時間18分の中からそれを見つけろというのはムリな話ですな・・。

1:51:05から1:51:25にかけて、舞台前を右から左にだらんと横切る、白い書類ファイルを手にしている坊さんがワタシです。この時間も撮っていたのね。そうとわかってたら、もっと舞台上でうろうろしていたのに、ちぇ。。

京都帰り中です

image_20130212103719.jpg

福島(昨夜は東京泊)を無事にあとにし、ただいま京都に帰るのぞみの車中です。
昨日の法要ではおごそかな中にも、何かしら華やかさと、明るさを感じさせる時間を過ごしました。しかし、会場には直接に被災され、恐ろしい体験をされてきた方々も多かろうと思います。
とても軽々しく復興の言葉を思い浮かべることはできませんでした。阪神淡路のときも思いましたが、よくぞ生きていてくださったとしか申し上げられない気持ちです。
写真はイベント第2部。小島弥寧子さんによるパイプオルガンの演奏です。

福島入りしました

image_20130211100410.jpg

強風のため引き返しすら懸念された飛行機も無事に着陸し、新幹線で福島に入ります。
震災2年の復興イベントをちらっとお手伝いし、今夜の東京泊を経て明朝帰ります。昨年と同じく、ノンストップの福島行きです・・。

携帯を持つムスコズ

ついにムスコズがスマホを持ち始めました。


某大型家電量販店で、新規本体価格1円でした。しかも、それすらポイントで買ったので実際にはお金を支払っていません。この時期(?)、各社とも新規契約数を伸ばすために、いろいろなサービスをされているということなのでしょうね。

ペアレンタルコントロールなどもかけていくことになるわけですが、携帯電話を持つということの、ワクワクと危うさも認識していって欲しいところではあります。
こういうのも参考にしながら、ルール書きを渡したりして、、まあこちらも試行錯誤ではあります。まずは親の方が、必死こいて設定しております(笑)

クラフトまいった!

さてさていろいろありながら、春のお彼岸、そして5月の晋山式の準備をよたよたと進めております。週明けにはちょっくら、福島まで行ってもきますよ。。

今日は暖かな日でした。このまま行ってくれればうれしいんですが、そういうわけにもいかないでしょうね。妻子は花粉症(私も軽めの花粉症)でこの時期はつらそう。ムスコズは顔が荒れる花粉症皮膚炎だと診断され、薬を塗ったり飲んだりしています。

5月にクラフトワークが来日するというネタを以前書きましたが、その東京公演は8日間で、なんと8枚のアルバムを1枚ずつ再現するライヴなんだそうですね(笑)
いやもう、そのエネルギーには感服です。もう笑っちゃうくらい。通して観られる方がいたら心底からうらやましい。私も東京在住学生時代なら、食費を削って通ったろう・・。


まいったかアウトバーンだ。

弥生三日目


桃の後ろは達磨大師。。

3月に入りましたが、ナカナカ暖かくはなりませんね。春を思わせる陽気や、ぶり返す寒気に振り回されるような毎日です。
お彼岸を前にして、晋山式の準備が最初のピークを迎えているような感じです。各所にご挨拶にお伺いしたり、さまざまな業者さんと折衝したり、会議の資料を作成したりしております。

おかげで落ち着く時間があまりできません。とりあえず、ひと月後になったパブリック・イメージ・リミテッドのことを思い出しながら、頑張ることにいたします。


ライドン氏、何度目かの全盛期を思わせるようなライヴですね!
かれこれ、アナタを聴き始めて30年になろうかと思いますよ。アナタを生で観られる日が来ようとは、想像すらしなかったよ。