大瀧詠一氏ご逝去

大晦日の訃報に驚きました。ちょうど今日の夕方、FMで「幸せな結末」がかかっていて珍しいな、、と思っていたのですよ。きっとこの関連だったのでしょうね。
むかし「ニューミュージック」という言い方がありましたが、そこから「J-Pop」に至っていく流れを、最初に作っていった人ではないでしょうか。日本のポピュラー音楽史に残る巨星ですね。私はYMOファンでしたので細野晴臣の盟友として、または山下達郎や佐野元春の師匠筋として知られているかと思います。謹んでお悔やみ申し上げます。


歌謡曲系への提供も多くされていますよね。その代表曲のひとつでしょうか。松本隆との黄金コンビですな。

サヨナラ2013

みなさま年の暮れをいかがお過ごしでしょうか。ワタクシは、、今年は晋山式(しんさんしき)という大きな行事があったこともあり、疲れの大きな一年でした。ムスコズも高校受験をひかえ、親としてもなんだか気疲れする毎日でもあります。

 
恒例の玄関ガラス拭き写真。今年で終わりにしますね。いつもムスコズの姿を楽しみにしていただいて本当にありがとうございました。
小さい方の写真は6年前、小学校3年生のときのものです。さすがに大きくなりました・・。

 
音楽ネタとしては、、いちばん大きいのはポール・マッカートニーを観に行ったことですね。あらためてポールの偉大さを知った気がします。
ウィングスや、最近のソロ作はなんとなく知っているのですが、ソロ初期はあまり知らなくて、、じつは、この『ラム』を初めて買ってみました。

ソロ2作目ですね。発売当時はビートルズ解散騒動の余波で、ポールはどちらかというと悪役にされ、この作品もボロクソだったそうですね。ですが、後になって高い評価を得るようになっていったと聞いています。
飛び道具のような突出した曲こそありませんが、とても濃密で隙がなく、ポールらしいすばらしいアルバムですね。傑作ですよ。

B007L96VCY Ram -Spec-
Paul Mccartney
Hear Music 2012-05-21

by G-Tools

 

アルバム中、唯一知っていた曲です。これすら、たとえば今ツアーではプレイされていませんので、やっぱりマイナーな作品ですよね。

皆々さまもどうか感謝のうちに、新年を迎えることができますように、そして、来る2014年が素晴らしい年でありますように。お世話になり、本当にありがとうございました。
当ブログは来年も、たまに更新しますので長い目で見てやって下さい(笑)

from gold to blue


5年前、初めてゴールド免許を頂きましたが、このたびはブルーに戻ることになりました。
ああ、一生に一度だけでも、ゴールドを持てたことに感謝しつつ、、120分の違反運転者講習を受けることに致します。

しかしもう音楽ガンガン行っちゃうことにしておきます。

来年、東京だけ(!)に来るローリングストーンズ。カバー作品もすばらしいですが、、これいちばん好き。違反講習に深く傷ついた私の心を、やさしくやさしく癒してくれるかなと思って(笑)

新・オバケのQ太郎

がーいよいよ年末だ。しかしもうどうでもいいや(笑)

今や女優として確固たる地位を築いた感のある濱田マリさん、じつは歌手の顔があったってご存知でした?
昔このバンドでCMも出てたよね。モダンチョキチョキズが歌う、Q太郎の歌だよ! こういうの大好きだよ!

かしぶち哲郎氏逝去

どちらかと言えばマニアな存在ですが、日本のロック界では重鎮と呼ぶにふさわしいムーンライダーズ。そのドラマーである、かしぶち哲郎氏が亡くなったというニュースを聞きました。
食道ガンとのこと。勘三郎と一緒ですね。食道は怖いな・・。

かしぶち氏はドラマーですが、たしかムーンライダーズのオーディションにギターを持ってきて自作曲の弾き語りをしたとか。曲は書けるし歌は歌えるし、ルックスは良いしオシャレだし、あはは、なんとも素敵な人ですな。
オシャレで曲作れて歌えるドラマーって、高橋幸宏とほんとうにかぶってしまう。歌の雰囲気は違うのにね。

ムーンライダーズにはいっぱい良い曲ありますが、ここはかしぶち氏の代表的な作品を。

こういう才能がある人が若くして亡くなるニュースは、やはり残念です。

メリクリ(違)

いや、このところ記事更新が半月に1度なので、今を逃すと超えてしまうかもと思い(笑)
今と言えば、林修先生の「今でしょ!」はしっかりと流行語大賞を取りましたね。
現代文の講師である林先生は、漢字の学習が非常に重要なのにこれを軽視する学生が多いことを気に掛けていて、じゃあ漢字の勉強は「いつやるの? 今でしょ!」という思いでこの言葉を発したそうですね。それがCMにまで採用されて、このブレイクになったわけですね。いろいろ考えさせられる、名セリフだと思います。

では、引き続いてポール・マッカートニーに敬意を表してこの曲を。

おそらく、私がもっとも初めにオンタイムで経験したポールの曲だと思います。調べてみると、1979年11月16日の発売でした。私は中学2年生で、ちょうど洋楽を聴き始めたころと重なります。
ではみなさま素敵なクリスマスを!

師走入りました


あっという間に12月、今年もあとひと月となりました。紅葉もピークを過ぎていくところが多いようです。写真は嵐山にある天龍寺付近のライトアップです。

シゴトの日常はあまり変わらず、ただこれからは、年始に向けての準備をいろいろしていかなければならない毎日です。いよいよ受験をひかえるムスコズの、たいして切羽詰まってもいない態度に気を揉む毎日でもあります(苦笑)
また、今日はとある表彰を頂戴しにも出かけていました。京都の生涯学習推進の表彰です。車いす駅伝に関わってきた関係で、某U田氏といっしょに受けて参りました。感謝感謝です。

来春にはジェフ・ベックの来日が控えているようですね。行こうかな、、と思っています。新しくなったフェスティバルホールにやっと行けます。
ジェフ・ベックは、ピックを使わないで弾く人なんでしょうか? おなじくピックをあまり使わないイメージを、マイク・オールドフィールドにも持っています。
プログレ畑でマルチ・プレイヤーですが、やっぱりギタリストとしてのマイクがいちばん良いっすね。よく知られているのは映画『エクソシスト』のテーマですが、最近ではロンドン五輪の開会式で演奏したりして、これはビックリしました。

今年になって『クライシス』30年記念ボックスセットが発売されました。敬意を表して表題曲の抜粋版を。このアルバム、ドラムスがサイモン・フィリップスなんですよね。大好きなり。