応量器が届きました

「坊さんであること」を考えるとき、外見や内面から見ていくやり方もありますが、「坊さんだから、これを持っている」という見方もあります。
曹洞宗では、それは得度のときに師匠から授かる法衣であり、袈裟であり、血脈であります。
そしてもうひとつ。それは「応量器(おうりょうき)」という食器です。

このたび、ムスコズが得度を受けるにあたり、ネットでお世話になっている漆職人kotaさまより応量器を購入しました。
大本山永平寺に卸しておられるという実績ももちろんですが、応量器で使う箸に平たい形を採用されていることが目を惹いたのです。
応量器を使っての食事作法では、箸を器の上にのせたりすることがあります。
そのとき、断面が正方形ではすべって落ちやすいのです。そのため、平たい箸が使われてきたようです。
30年以上前に私が得度を受けたとき、授かった応量器にも、平たい箸がついていました。それは師匠に縁のある方が使っておられたものらしく、当時でも使い古され感がありましたが、新品と比べるとなんとも味わいのある控えめで上品なツヤを持っていました。
永平寺にいたときも、古参和尚さんから「これはいいものだから、大事に使えよ」とも言われた自慢の(?)一品でもあったのです。(ただ、箸はすでにダメになってて、私は四角いものを使っていました・・)
そんな思い入れがあるものですから、kotaさんのところを拝見したとき「この人はよく知ってるなぁ」と驚き、いつかムスコズが得度したらここのを使わせてもらおう、、と思っていたのです。

そして届けられたお品を見てびっくり。ピカピカしすぎてかえって品がなく見えてしまう、最近の応量器を見慣れていた目には、これが漆器というものなのか、、との驚きだったのでしょうか。ムスコズに使わせるにはもったいない。応量器を見てこんなに感激したのは初めてです(笑)


とりあえず広げてみました。私の写真では、とてもその品の良さをお伝えできませんが、その雰囲気だけでも。
中央のいちばん大きな器を「頭鉢(ずはつ)」といい、ご飯やおかゆを入れます。頭鉢はお釈迦さまの頭蓋骨をかたどったと言われ、口を直接つけることは許されません。
だから、さじがあるのですね。さじは頭鉢から食べるとき専用です。


応量器は6枚からなっています。いちばん小さいものを底に敷いてその上に頭鉢をのせ、中に残り4枚を入れます。
上にのっているのは「鉢単(はったん)」といって、広げて器の下に敷くものです。(これは私が永平寺で使っていたものです)


広げてみました。


箸とさじには、専用の袋があります。この箸とさじも、すごく繊細な作りです・・。


重ねた応量器をふくさで包み、上に膝掛けの布と箸袋をのせています。


「水板(みずいた)」というものです。これもkotaさんの品です。


水板の上に布巾を広げ、外側のふくさでしばります。下から捧げ持ち、運びます。

応量器を使っての作法は複雑でなかなか覚えられません。まるで茶道のお手前のようです。新米の坊さんが道場に入ったとき、いちばん苦労するのは、この応量器の扱いだと思います。
でも、覚えてしまうとムダが全くなく、もうこれしかない動きになります。食事作法をうるさく言うのは、もちろん、食事をいただけることへの感謝の意にほかなりません。
私も、今のふだんの生活で応量器を使うことはありませんが、手にするといろんな感情がわき上がります。坊さんとしてのアイデンティティにかかわるものだからかな。あ、ちょっとマジメな記事になっちゃったね、、スミマセン。。

(今記事は2009年5月27日に書いた文を、再投稿したものです。なお、この続編として「鉢単が届きました」を公開しています。こちらです。)