応量器が届きました

「坊さんであること」を考えるとき、外見や内面から見ていくやり方もありますが、「坊さんだから、これを持っている」という見方もあります。
曹洞宗では、それは得度のときに師匠から授かる法衣であり、袈裟であり、血脈であります。
そしてもうひとつ。それは「応量器(おうりょうき)」という食器です。

このたび、ムスコズが得度を受けるにあたり、ネットでお世話になっている漆職人kotaさまより応量器を購入しました。
大本山永平寺に卸しておられるという実績ももちろんですが、応量器で使う箸に平たい形を採用されていることが目を惹いたのです。
応量器を使っての食事作法では、箸を器の上にのせたりすることがあります。
そのとき、断面が正方形ではすべって落ちやすいのです。そのため、平たい箸が使われてきたようです。
30年以上前に私が得度を受けたとき、授かった応量器にも、平たい箸がついていました。それは師匠に縁のある方が使っておられたものらしく、当時でも使い古され感がありましたが、新品と比べるとなんとも味わいのある控えめで上品なツヤを持っていました。
永平寺にいたときも、古参和尚さんから「これはいいものだから、大事に使えよ」とも言われた自慢の(?)一品でもあったのです。(ただ、箸はすでにダメになってて、私は四角いものを使っていました・・)
そんな思い入れがあるものですから、kotaさんのところを拝見したとき「この人はよく知ってるなぁ」と驚き、いつかムスコズが得度したらここのを使わせてもらおう、、と思っていたのです。

そして届けられたお品を見てびっくり。ピカピカしすぎてかえって品がなく見えてしまう、最近の応量器を見慣れていた目には、これが漆器というものなのか、、との驚きだったのでしょうか。ムスコズに使わせるにはもったいない。応量器を見てこんなに感激したのは初めてです(笑)


とりあえず広げてみました。私の写真では、とてもその品の良さをお伝えできませんが、その雰囲気だけでも。
中央のいちばん大きな器を「頭鉢(ずはつ)」といい、ご飯やおかゆを入れます。頭鉢はお釈迦さまの頭蓋骨をかたどったと言われ、口を直接つけることは許されません。
だから、さじがあるのですね。さじは頭鉢から食べるとき専用です。


応量器は6枚からなっています。いちばん小さいものを底に敷いてその上に頭鉢をのせ、中に残り4枚を入れます。
上にのっているのは「鉢単(はったん)」といって、広げて器の下に敷くものです。(これは私が永平寺で使っていたものです)


広げてみました。


箸とさじには、専用の袋があります。この箸とさじも、すごく繊細な作りです・・。


重ねた応量器をふくさで包み、上に膝掛けの布と箸袋をのせています。


「水板(みずいた)」というものです。これもkotaさんの品です。


水板の上に布巾を広げ、外側のふくさでしばります。下から捧げ持ち、運びます。

応量器を使っての作法は複雑でなかなか覚えられません。まるで茶道のお手前のようです。新米の坊さんが道場に入ったとき、いちばん苦労するのは、この応量器の扱いだと思います。
でも、覚えてしまうとムダが全くなく、もうこれしかない動きになります。食事作法をうるさく言うのは、もちろん、食事をいただけることへの感謝の意にほかなりません。
私も、今のふだんの生活で応量器を使うことはありませんが、手にするといろんな感情がわき上がります。坊さんとしてのアイデンティティにかかわるものだからかな。あ、ちょっとマジメな記事になっちゃったね、、スミマセン。。

(今記事は2009年5月27日に書いた文を、再投稿したものです。なお、この続編として「鉢単が届きました」を公開しています。こちらです。)

鉢単が届きました

ちょうど4年前、ムスコズが得度を受ける(坊さんの仲間入りをする儀式)にあたって、曹洞宗僧侶の必須持ちものである「応量器(おうりょうき-食器)」を購入しました。以前よりネット上でお世話になっており、偶然にも大本山永平寺にも卸しておられる、漆職人kotaさんのお店です。

そして、この度さらに「鉢単(はったん)」なる品が届きました。

これは、応量器を使って食事をする際に、器の下に敷くものです。
応量器は6つの食器が入れ子になってコンパクトに収納されるもので、鉢単は、折りたたんで応量器の上にのせてしまうのです。ですので頻繁に折りたたみされるため、折り目がすぐに傷んで切れてしまいがちです。
kotaさんも、かなり試行錯誤されたようですね。しかし、先に頂いた応量器にふさわしい鉢単でした。


黒革の財布ではありません。
和紙と漆でできた、これが鉢単なるものです。


こうやって広げて使います。


以前にお世話になった応量器。


鉢単の上に並べてみます。

応量器が届いたときの記事がこちらです。ムスコズにずっと使っていってもらいたいわけですが、良いものを使う縁に感謝をして所持していって欲しいトコロです。私も深く感謝しております。

(今記事は2013年3月28日に書いた文を、再投稿したものです)

明日はまた希望で私を蹴って起こせ

さてさて、本格的なお盆スタートを前にしてではありますが、いろいろ行事もてんこ盛りな7月下旬であります。
一昨日は兼務寺で、お盆前の大掃除。在所の皆さんが早朝より集まって、電動草刈り機など駆使してきれいにされていきます。私はいつも堂内の掃除担当なのですが、法事もあったため早退させて頂きました。
昨日は、先月亡くなったご老僧の忌明けの法要。そこのお寺とウチとの関係で、ワタシが導師を依頼され勤めてまいりました。周囲はまあ、よくよく知ってる人ばかりなので良いんですけれど、ワタシのような若輩、、あまりにも僭越で・・。大変申し訳ない気持ちでありました。
そして今日は、ここ数年法話を頼まれているお寺のお盆法要。30分ほどのお話しをさせていただきます。緊張は、昨日より今日の方が大きいね(笑)
話しをするときはもちろん事前に準備をしますが、どうしても、時間が持つだろうか、、という不安が先に立ちます。なので経験不足なワタシは、前ふりの時間が長くなってしまうんですよね。ここで時間を稼ごうと。ところが思ったよりも前ふりに時間を使ってしまい、肝心のメイン部分が慌ただしくなってしまう、、という失敗をしてしまいます。今日もそんな感じでした。
もっともっと経験を積まねばならぬのか。一生勉強でありますな・・。


じゃあ小椋佳でも聴いて寝るか。NHKアニメ『マルコ・ポーロの冒険』の主題歌ですね。
優しい声で歌われる、素晴らしい歌詞(今記事タイトルもここから)とメロディですね!

晋山おわりました


ふつうのお寺だと数十年に一度、ふつうの坊さんだと一生に一度しかすることのない、晋山・結制(しんさん・けっせい)の行持がぶじに終わりました。60名を越えるお寺さん方、190名になろうとする参列の方々で本堂はごった返していました。

こういう「イベント事」は段取り準備がほとんどで、本番を迎えてしまえばもうなるようにしかならないのですが、この式もやっぱりそんな感じではあります。しかしあまりにたくさんの段取りがあって、久々にいっぱいいっぱいの状況でした。それが数ヶ月続き、今日になってやっと片付けや残務処理の目処が立ち、こうやって記事を書くことができました。
写真は「上堂(じょうどう)」という行持の写真です。須弥壇上に登って、お釈迦さまをはじめとする仏さま方、これまで恩を受けた方々、檀信徒のみなさまに向けて感謝の焼香をしている場面です。このあと、いわゆる禅問答に挑む直前の瞬間でもあります。

うーむ、終わった充実感よりも、疲れの方が強烈に残っています(笑) いったいいつになったら息切れのないペースに戻るやら。10月までないかもしれん(マジ)

年度変わりますね

ソメイヨシノも一気に満開になってきました。スミマセン、写真は一週間ほど前のものなので、今はもっといっぱい咲いています。例年よりかなり早いですね。
年度末を迎え、みなさまもそれぞれお忙しいことと思います。どうかくれぐれもお疲れのたまりませんように・・。

春彼岸が終わってホッコリする間もなく、通常業務の合間を縫って、5月の準備をしています。法要自体は、まあ心配してはいないのですが、その他諸々のことでいくつかの業者さんと折衝を繰り返す毎日です。かんたんな行列も組むので、道路使用許可を得に警察まで行く必要もあったりします。

ムスコズは春ブカツと春期講習のくり返し。講習の帰りは10時半を過ぎますし、そして明朝早くにブカツに行かなければならないので、なかなかたいへんです。昼間はかなり脱力しています(笑) あ、いちおうヤツらの名誉のために言っておくと、勉強もちょこってしてマス。

そんなふたりには申し訳ないのですが、私は週明けひさびさにライヴ行ってきます。


最新作『This is PIL』から、「One Drop」。PILポップって感じですな。

鉢単が届きました

ちょうど4年前、ムスコズが得度を受ける(坊さんの仲間入りをする儀式)にあたって、曹洞宗僧侶の必須持ちものである「応量器(おうりょうき-食器)」を購入しました。以前よりネット上でお世話になっており、偶然にも大本山永平寺にも卸しておられる、漆職人kotaさんのお店です。

そして、この度さらに「鉢単(はったん)」なる品が届きました。

これは、応量器を使って食事をする際に、器の下に敷くものです。
応量器は6つの食器が入れ子になってコンパクトに収納されるもので、鉢単は、折りたたんで応量器の上にのせてしまうのです。ですので頻繁に折りたたみされるため、折り目がすぐに傷んで切れてしまいがちです。
kotaさんも、かなり試行錯誤されたようですね。しかし、先に頂いた応量器にふさわしい鉢単でした。


黒革の財布ではありません。
和紙と漆でできた、これが鉢単なるものです。

 

こうやって広げて使います。

 

以前にお世話になった応量器。

 

鉢単の上に並べてみます。

応量器が届いたときの記事がこちらです。ムスコズにずっと使っていってもらいたいわけですが、良いものを使う縁に感謝をして所持していって欲しいトコロです。私も深く感謝しております。

ハルスグソコ


門前の道に並ぶ、河津桜が満開を迎えています。(写真は日曜日のものなので、ちょっと古くて恐縮です)
今冬は寒さが長かったせいか、いつもより一週間ほど遅いかな。しかし、ここ数日のあたたかさで一気に咲きそろい、今日の強風でかなり散ってしまうのではないかと思います。

ソメイヨシノの開花予想は例年より早いそうですね。春がすぐそこまで来ているのだと思わせるニュースです。
ムスコズはぶじ2年生を修了しました。親御さんはみんなそうおっしゃるでしょうけれど、ホント速いわ・・。いよいよ高校受験の年を迎えます。うちの方では、来年度から入試制度ががらっと変わり、先生方もまだつかみかねているようですね。有無を言わさぬ学力があればいいのですがね(苦笑)

お彼岸のお中日、荒れ模様のお天気でお客さまも少なめだったようです。お彼岸はまだ続きますし、お寺の法要も24日です。大勢のお参りをお待ちしているトコロです。


春ですからね。ジミヘンですよね(何故?)
やっと最近ですよ。ジミヘンってすごいんだな、、って、しみじみ思うようになったの。。

梅は咲いたが


桜はまだかいな、、ではありますね。例年よりかなり遅れていますが、やっと梅の花が咲き始めました。まだしばらくは暖かさ安定とはいかないでしょうが、春はそこまで来ているとは思われます。

5月の晋山式を前にして、いろいろ準備にいそしんでいます。
この週は「披露」といって、当日お世話になるお寺さん方にお願いのご挨拶に回っておりました。遠方の方への郵送も含め、まだ全部は終わっていません。他にも多々用事はつまっていて、正直ナカナカしんどいです。あとひと月、とりあえずお彼岸が終わるまでは一息付けないなあ・・。

 
ムスコズは次の水曜日から定期試験。2年生最後のテストです。
前回の結果が思わしくない教科もあったので、今回はそれをカバーしてもらわないと。1年後は受験で悲鳴上げているかも知れません。3年生に進級したら塾へ行く時間も増える予定です。
ムスコズもがんばっているので、チチも負けないようにしないとです・・。

 

有名なシンガーソングライターが4人集まった、、という、いろんな意味ですごいバンド、クロスビー・スティルス・ナッシュ・アンド・ヤング。ソロで活躍するミュージシャンでは、私がもっとも愛するニール・ヤングが参加していました。
さいきんニールの書いた文章を読んだのですが、そこで彼が、スティーヴン・スティルスのことをとっても高く評価しているのが興味深かったですね。いや、スティルスはヤングに匹敵する人なんでしょうが、あんまり仲は良くなかったんじゃないか、、と勝手に思っていたので。
ニールが言うには、オレには他のふたり(クロスビーとナッシュ)には見えない、スティルスの何かが見えると。彼には信じられないほどの正確なリズム感と、驚異的なグルーヴがあると。うーむ、そいうものなのか。
この曲「キャリー・オン」は、そのスティルスの作品かな? 前半後半でがらっと変わるのにちゃんと統一されているというトコロが、いかにもスティルスらしいかも。

コタツがフレンド


これ、まあ、こんな感じでムスコズは日々を過ごしています。
いや、ちゃんと起きてるときは起きていますよ(笑)

はや1月も終わりに近づいてきました。いろいろ用事も重なりますが、なんとかやっています。
じつは、明日は外回りのお参りがない日。すっごい久しぶりです。お寺はいわゆるオフ日ってないんですけれど、その分(?)通勤というものはありませんし、時間の融通も、会社勤めの方よりはつけやすいとは思います。しかし365日、朝寝できないってのは辛いかなあ(笑) いや、とはいえ、ふだんそんなに早起きはしていませんけれど正直・・。


ちょっとイギリスが続いたのでアメリカものでも。ずっとむかし、なにかTVドラマの主題歌になっていませんでしたかね??

オメデトウ2013

みなさま新年明けましておめでとうございます。
元旦の一日を、いかがお過ごしでしたでしょうか。私は例年と変わりなく、早朝より京都府中部の兼務寺へ。昼過ぎ帰り、お参りに来られる方々の応対に追われておりました。

今年がどうか、みなさまにとりまして素晴らしい一年となりますようお祈りいたしております。どうか相変わりませず、よろしくお願い申し上げます。

吉例の初日の出

ご本尊お釈迦さまへ、お鏡のお供え

お座敷もお正月モード

白味噌丸餅お雑煮、かまぼこのヘビさんがプリテーなり